読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だんごの噂

だんごの噂は、管理人だんキチが興味があることを書き綴っているメディアブログです。アニメや仕事、おもしろ記事や子育てまで幅広い記事が揃っています。

前略お母さんへ~ブログで叩かれる日もありますが僕は元気です~

おもしろ 雑記

スポンサーリンク

f:id:dangotan:20160620114630j:plain

前略お母さん。膝の具合はいかがですか?

早いもので、僕が実家を飛び出してからもう13年が経とうとしていますね。

また、僕が実家を離れるときの寂しそうな笑顔は今でも忘れません。忘れることが出来ません。

しかし、僕は当時実家でコソコソ「彼女」と遊ぶのは嫌だったのです。

僕は彼女に「あまり声を出さないで(小声)」というセリフを吐きたくなかった…。これが実家を出た理由です。

ごめんなさいお母さん。社会勉強の為に1人暮らしを始めてみたいとカッコつけてしまいました。

しかしながら、1人暮らしを始めたおかげで当時お付き合いしていた彼女は何も気にすることなく「雄叫び」をあげながら行為を楽しんでくれるようになったのです。やはり人間「我慢」はよくないと言うことですね。

けれど、隣人から1度だけ壁を思いっきり殴られ威嚇されてしまいました。当然の酬(むく)いですね。

 

さて、話は変わりますがお母さんは小さい頃からいつも僕に言ってくれていましたよね?

 

「勉強は出来なくてもいいから、人に愛される人間になりなさい」

 

僕はこの言葉だけは忘れません。

ですので、僕は最近「ブログ」を始めました。

このブログというのはとても面白いもので、僕の書いた記事を沢山の人に読んでもらうことが出来るのです。

また、僕の書いた記事を楽しんで読んでくれてる人も沢山できました。

そうです。お母さん。僕は現実のみならず、ネット上でも愛される人間になることができました。

これもお母さんの「言葉」が全てだと思っています。本当にありがとうございました。

それでは、お母さんに僕のブログに届いたファンからのコメントを少しばかり紹介しますね?みんないい人達で正直嬉しい限りです。

マジで精神異常だから病院行ってほしい

「この記事おもしろいと思って書いてるならマジで精神異常だから病院行ってほしい」

お母さん…心配いりません。これは悪口ではありませんのでどうか心筋梗塞に陥(おちい)らないで下さい。

正直このコメントを頂いたとき、体育があるのに「体育着」を忘れてしまった焦りと同じくらい「ハッ」っとしました。しかし、よくよく考えてみるとこの人は僕のことを本当に心配してくれている心優しい方だと思ったのです。

また、お母さんは僕にこう言ってくれていましたよね?

「人は大抵恥ずかしがり屋さん。だから素直に本音を言えない人は沢山いるのよ?」

その通りでした。

多分、このコメントをくれた方は「恥ずかしがり屋」さんだと思います。「デレ」はないにしろ「ツンデレ」の部類ですね。

しかし、僕のことを本気で心配してくれる人がいるなんて僕は幸せ者です。

お母さん?あなたの息子はみんなから愛されていますよ?安心してください。

スーパー駄記事。

「スーパー駄記事。マジで読む価値なかった。」

お母さん…僕は嬉しいです。

このコメントを送って頂いた方は、この20文字の文章を考えてタイピングするだけでも1分はかかったと思います。

お母さん?1分ですよ?

1分と言えば、お母さんの大好きなカップ焼きそば「俺の塩」が出来上がる時間と一緒です。

それだけの時間を費やして、このお方は僕の記事にコメントをくれたのです。

そして、このコメ主が本当に僕に届けたかった言葉は…

「今はまだ文章力が足らないがお前はいい素質を持っている。なので今回は厳しいコメントを残したがこれをバネに頑張ってほしい。応援しています」

…ということです。愛のムチ…頂きました。

どうですか?お母さん?

僕はお母さんの言うような「愛される人間」になれていますか?

これは手斧が飛びますわ

これは木こりの方が間違えて来てしまったんでしょう。

しかし、この現代で「手に斧」を持っている方がいるとは…なんとも伝統を感じさせられます。

また、いつの日かお母さんはこう僕に言ってくれていたのを覚えていますか?

「人には親切にしなさい」

ですので、僕からこの間違って来てしまったコメ主へアドバイスしてあげることにします。

「手斧は危険です。ホームセンターで電動ノコギリを買った方が絶対にいいです!」

 

間違ってないですよね?お母さん?

最後に

お母さん、長々と僕の現状を書き綴らせて頂きましたがどうですか?今の僕は?

「お前それ…嫌われてるんじゃ…」

それ以上喋らないで下さい。お母さん…。持病が悪化してしまいますよ?

…大丈夫です。僕は大丈夫。

それでは、近々実家へ帰省しますのでその時にでもゆっくり草取りしながら話しましょう。

それでは、最後に僕の画像を送りますので寂しくなったらこれを見て下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:dangotan:20160620112856j:plain

 

 

草々