読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だんごの噂

だんごの噂は、管理人だんキチが興味があることを書き綴っているメディアブログです。アニメや仕事、おもしろ記事や子育てまで幅広い記事が揃っています。

【労働問題】「みなし残業」導入企業には絶対に就職するな!デメリットしかないから!

仕事・転職

スポンサーリンク

f:id:dangotan:20161026122823j:plain

 

こんにちは。だんキチです。

さて、このブログでも仕事関係の記事を定期的に書いておりますが、今回は「みなし残業」について話させていただきたいと思います。

突然ですが、みなさんは「みなし残業」についてどのようにお考えでしょうか?

 

「残業代が固定されて支払われる」

「残業時間が少なくても定額の残業代が得られる」

 

ざっくりとこのように思っている方が大半かと思いますが、みなし残業制度を導入している会社への就職は「危険」だと僕は感じています。

それは何故かというと、僕自身も若いころにみなし残業制度を導入している企業に入社して痛い目をみたことが何度かあるからです。

ですので、皆さんも僕と同じような目に合わないためにも、今回はみなし残業の基礎知識と共にお話しさせてもらいますので参考にしてみて下さい。

 

※冒頭で話しておきますが、求人票に「みなし残業」と記載されている企業への入社はやめておきましょう!自分がバカをみるだけですので。

 

みなし残業とは?

f:id:dangotan:20161026120713p:plain

 

「最初から残業代が固定されて支払われる制度」

このように、決まった給料に固定されて残業代が支払われるのを「みなし残業」というのですが、みなし残業時間の上限が45時間と決まっていることを知らない方も多いですね。

 

f:id:dangotan:20161026113752p:plain

※みなし残業時間の上限

また、みなし残業を導入している企業では支払われて当然である「割増賃金」「深夜割増賃金」「休日出勤割増賃金」を支払わないのが一般的となっています。

 

「でも定時で帰れたら逆にラッキーなんじゃない?!」

 

そう思られる方も中にはいるかと思いますが、実際に自分が経営者だったらそんな不利益になるようなことはしないですよね?

なので、「みなし残業〇〇時間」と求人票に明記されている企業を見つけたら、実際にはもっと残業させられると思った方が賢明です。

 

みなし残業でメリットがあるのは企業側だけ!

f:id:dangotan:20161026121933p:plain

 

さて、こんな制度があるからには労働者にとってのメリットもさぞかしあるのだろう!と思いたいところですが、私達労働者にとってはメリットは一切ありません。

まぁメリットがあるとしたら…

「たまに残業がある程度だけど皆さん頑張っているから固定残業代として少し多く支払うか!」

このように考えてくれる、天使のような社長さんでなければみなし残業のメリットは皆無だと思っていいでしょう。

しかしながら、企業にとってはたくさんメリットがありますので書かせていただきます。

 

【企業側のメリット】

・残業代の計算が不要になる

・基本給を下げることが可能

・みなし残業以外の残業時間については理由をつけて支払わない

・支払いたくない割増賃金を支払わなくていい

 

これらのメリットにより、従業員雇用に関わる経費を削減することが可能なんですね。

しかしながら、僕がみなし残業を導入している会社に抱くイメージは「金回りが悪い」「ブラック会社」「社長が無能」といったところでしょうか?

しかし、みなし残業を導入させるキッカケになるのが会社についている「コンサルタントの仕業」という場合も無きにしも非ずなので社長だけが無能だとは限りません…と言いたいところですが、最終的に判断を下すのは社長ですのでやっぱり無能ですね。

 

さて、企業側にはこれだけのメリットがありますが、もしあなたが会社の社長だったとしたらみなし残業を導入しますか?

それとも従業員のことを考えて導入しませんか?

ちなにみ、僕だったら立ち上げ当初でお金がなく軌道に乗るまであと少しの場合のみ、従業員のみなさんに頭を下げて導入するかもしれません。(無能社長)

 

しかしながら、極力はこんな制度を導入したくはありませんよね。

 

企業側が詐欺るみなし残業の手口

f:id:dangotan:20161026121736p:plain

 

それでは皆さんが、みなし残業に詐欺られないように求人票の見方について書かせていただきたいと思います。

僕が住んでいる地域では、最低賃金716円(2016年現在)と他の県よりも少ない傾向にありますので、正社員だとしても総支給額が170,000円~180,000円が平均と言ってもいいくらいです。

そのような低賃金の環境で見つけた詐欺的みなし残業の手口がこちらです…

 

・基本給120,000円 (固定残業代30時間 5万円)

 

どうでしょう?これは?

ご覧になっただけでも「働きたくない!」と、心の中で叫んでしまう方が大半かと思いますが、近年はこのように基本給を大幅に下げて固定残業代をプラスし、あたかも…

「平均的な給料ですよぉ~うちは~」

このように装う詐欺的企業が増えてきています。

また、この求人を出していたのはクリエイティブな企業でしたね。

 

次に見つけたのは営業職でのみなし残業適用例です…

 

・基本給250,000円 (うち固定残業代5万)

 

この求人を発見した瞬間は「いいかも?」と思いましたが「固定残業代5万」としか明記されておらず、肝心の残業時間が分からないですよね?

こんな求人を出している企業に入社してしまったら、多大なる残業を仕入れられることは働かなくても分かります。

また、このように内訳をハッキリ出さないのは企業側の不備となりますので、働いてから「話が違った」などと思いイライラしてきたら、キッチリ残業代を請求しましょう!

これについては、明確な雇用条件を提示していなかった企業側の不備になりますので。

 

このように、みなし残業を導入する企業は、基本給を下げ固定残業を含ませて「ほらッ!平均的な給料ですよ~」と近寄ってくるので注意が必要!

もしかしたら、最低賃金以下で働いている人が星の数ほどいるかもしれません。(これは違法ですので気がついたら労基へ向かいましょう)

 

みなし残業企業で働いてみて思ったこと

f:id:dangotan:20161026122100p:plain

 

まぁ…早い話最悪でしたね。

僕は、今まで2社で「みなし残業経験」がありますが、両社とも本当に最悪だったので半年も働かずして退職してやりました。

まず、何が最悪かというと先にも書いた通り、固定残業時間以外の「残業代」を支払ってもらえなかったことです。

まず、そういう会社に限って勤怠管理は適当で退勤時間などもちょろまかすんですよね…。

「えッ?!これは残業に入らないでしょう?」

「これは業務以外なので残業には当たりません」

このように、何かにつけてケチをつけてくるので無償で残業サービスするハメになってしまい、最終的には頭にきてしまいそっと退職届と保険証を手渡して即日退職しました。

ですが、この判断はとても的確だったと今になっても思いますので、人生の汚点だとは一切思いませんよ?こうして記事を書けていますし。

 

それからというもの、僕は「みなし残業」という記載がある企業はどんなに評判がよくても応募しなくなりました。

また、当時ハローワークの人に…

「これって基本給下げて固定残業代で誤魔化していますよね?ひどくないですか?」

…と言ったところ、

「今このような企業が増えてきているから注意が必要だね…」

このように返答をいただいたのを覚えています。

 

なので、皆さんも「みなし残業あり」と記載されている求人が気になっているのであれば少し立ち止まって考えてみましょう!

自分にメリットがある制度ではありませんからね!

 

まとめ

f:id:dangotan:20161026122151p:plain

 

しかしながら、みなし残業を採用している企業の中でもたまに…本当にたまーに優良な会社も紛れていますので、そこら辺はキチンと判断しなくてはいけないかもしれません。

ですが、先ほども言った通り…

「平均ですよ~ウチの会社平均的な給料ですよ~」

…と謳っていても、基本給が最低賃金よりも大幅に下回っている会社も存在していますので、そんな会社を発見したら労基に通報して他の誰かが犠牲にならないようにしましょう。

そうしていくうちに、労働者にはなんのメリットもない「みなし残業」が廃止する企業が増えてくればいいのですが。

 

それでは長くなってしまいましたが、この辺で〆させていただきます。

みなさんも悪徳「みなし残業企業」に引っかからないようにして下さいね!

 

 

おしまい