読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だんごの噂

だんごの噂は、管理人だんキチが興味があることを書き綴っているメディアブログです。アニメや仕事、おもしろ記事や子育てまで幅広い記事が揃っています。

ワコムペンタブIntuos comicとArtの比較とサイズの選び方

スポンサーリンク

今回は、Wacom(ワコム)から販売されいるペンタブレット「Intuos comic(コミック)」と「Intuos Art(アート)」の違いと、サイズの選び方について書いていきたいと思います。

最近、自分もイラストにハマっていてペンタブ購入予定なので色々と調べてみました!

ワコムのペンタブレットとは?

f:id:dangotan:20170109110350j:plain

Wacom | ワコムタブレットサイト | Intuos

ワコムから販売されているペンタブレットは様々なシーンで活躍することが出来ます。

例えば、自身の趣味「イラスト」であったり会議に使う資料などにちょっとしたメモ書きを加えたり…といった感じで、デジタルで使用可能なのがペンタブなのですがやっぱりイラストで活用している人がほどんど。

自分も、ここ最近イラストを描くことにハマっているので欲しいんですよね~ペンタブ。

しかし、ワコムからは色んなペンタブが販売されているから何を買ったらいいのか分からないッ!!

そこで、人気機種2つを比較してみました!

1番人気の Intuos comic(コミック)とは?

f:id:dangotan:20170109111031j:plain

型番:Small: CTH-490/K1 、CTH-490/B1 、Medium: CTH-690/K1、CTH-690/B1

色んな家電屋さんを回ってみると、ワコムのペンタブレットの中で「Intuos comic(コミック)」が1番人気があることが分かりました。

ちなみに、comic(コミック)にはサイズがSとMがあり大きさも違うようです。

それでは、他のペンタブとの違いを分かりやすく書いていきますね!

Clip Studio Paint Pro(2年間ライセンス)がついてくる

f:id:dangotan:20170109112655j:plain

Clip Studio Paint Proとは、イラストを描くことが出来るPC用のソフトなのですが…ここでの注意点は「2年間のライセンス」ということですね。

簡単に言うと、付属でついてくるといっても2年間しか使用できないということになります。(ちょっと残念)

しかし、今だとライセンス契約は当たり前なので仕方がないでしょう!

※公式サイトにもこのように書いています…

※Clip Studio Paint Proは2年間限定のソフトウェア使用ライセンスであり、2年間の経過後は割引価格での無期限版へのアップグレード、もしくはClip Studio Paint Debutでの利用継続を選択することができます。

Intuos Comic

2年間が過ぎたら、割引価格での無期限版へのアップグレードか「Clip Studio Paint Debut」での利用継続を選ぶことになるそうです。

※Clip Studio Paint Debutは機能制限があるパターンです。

なので、2年過ぎたら割引価格でアップグレードしたほうが良さそう…。

Intuos Art(アート)とは?

f:id:dangotan:20170109113841j:plain

型番:Small: CTH-490/K0 、CTH-490/B0 、Medium: CTH-690/K0、CTH-690/B0

Intuos Art(アート)は、先ほどご紹介したコミックとは違い「ワンランク上のアートワーク」を楽しみたい人向けのペンタブ。

ワンランク上って言われてもよく分かんないですよね?(苦笑)

簡単に言うと、「油絵」「水彩画」「木炭」「鉛筆画」などを楽しめるソフトウェアが付属されてきます。

Corel Painter Essentials5が付属でついてくる

f:id:dangotan:20170109114815j:plain

ペイント プログラム - Painter Essentials 5 でスケッチ、描画、そしてペイント

Intuos Art(アート)に付属されてくるのはCorel Painter Essentialsというペイントソフトで、あらゆる表現が出来る点で高評価を得ている様子。

正直、僕はPhotoshopしか使ったことありませんので使用感については何も言えない…。

しかしながら、先ほどもご説明した通り「水彩画」など独特なタッチを好む人には、こちらのIntuos Art(アート)がおすすめと言えますね!!

中間まとめ

ここまで読んでいただければ、どちらのペンタブが自分に合っているのか分かったのではないでしょうか?

ちなみに、自分はコミックですね~!確実に!

要点をまとめるとこんな感じ…

【ペンタブの選び方 まとめ】

・イラストやマンガを描きたい人は「Intuos comic(コミック)」

・イラストでも水彩画などの特殊な絵を描きたい人は「Intuos Art(アート)」

このようになります!

コミックの方が人気なのは「イラスト・漫画専用」だからだったんですね~。

 

しかし、最大の問題はまだ残っていますよ?

それは…ペンタブのサイズです。

ペンタブのサイズはSがいい?それともM?

f:id:dangotan:20170109120359j:plain

さて、最後に選択を迫られるのがSサイズかMサイズかの選択!

SサイズとMサイズでは値段が5,000円程度変わってくるので、ここでの選択は気をつけなくてはいけません。

なので、僕は知り合いのイラストレーターの方に「どちらにしたらいいのか?」を聞いてみました…

S使ってて「やっぱりMにすれば良かった」って方をチラホラ見かけたので···

これは…絶対にあり得る!!

しかも、ノートパソコンでMを使ってて「丁度いい」と言っているので、デスクトップでSを使うと悲惨なことになりそう…。

また、サイズの基準に関してはワコム公式でこう言われていました…

【PCサイズでの基準】

・15インチ以下…Sサイズ

・15~24インチ…Mサイズ (Sサイズだと細かい動きが出来ない可能性あり)

・24インチ以上…(別途L版)

あ~、自分の場合は完璧にMサイズです。

よかった~!値段が安いからってSサイズに決めなくて!!(まだ買っていないが…)

やっぱり世の中「大は小を兼ねる」ですね~…値段が安いと財布に優しいですが、先を考えると絶対に大きいサイズの方がいいです。これ本当。

ペンタブを使うとイラストが上達するのか問題!

f:id:dangotan:20170108172831j:plain

女の子キャラの模写にチャレンジ!そして意気消沈w - だんごの噂

こちらは、僕が模写したイラストなのですが紙にペンで描いていると「臨場感」にかけるんですよね…アナログだし。

 

でも、これをスキャンしてPCに取り込むと…

 

f:id:dangotan:20170108165347j:plain

このように「デジタル」になりますので、なんとなく「やる気」が倍増されるんですよ!「よっしゃ!なんか上手く見えるぞ!」ってね。

 

そして、PCで色を塗ると…

 

f:id:dangotan:20170108165745j:plain

こうなって…

 

最終的には…

 

f:id:dangotan:20170108170213j:plain

こうなる訳です。

 

紙に描いているより、PCで作業していた方が「アニメ感」が出るので自分的考えではペンタブを使うと上手に見えて、イラストのレベルも上がると思うんですよね。

「紙で上手く描けない奴がペンタブ使っても無駄」

このように思う方もいるかと思いますが、デジタルの方が早く上達する人も多いみたいですよ!(PCに写る線は上手に見える)

 

まぁ、一概にも「ペンタブを使うとイラストが上達する!」とは言えませんが、紙よりも「アニメ感」を簡単に出せるので面白さは倍増すると思います。

なので、ペンタブに興味があるんだったら早めにチャレンジした方がいいかもしれませんね!(自分含め)

最後に

今回は、ワコムから発売されているペンタブレット「Intuos comic(コミック)」と「Intuos Art(アート)」に関して書かせていただきましたが、少しは参考になりましたでしょうか?

ペンタブの購入を考え始めたら多分この2つで迷うと思いますが、ここまで書かせてもらったことを参考にして選んで見て下さい!

そうすると、きっと自分に合ったペンタブを購入することが出来るはず!

 

それでは、いいイラストライフを!