だんごの噂

だんごの噂は、管理人だんキチが興味があることを書き綴っているメディアブログです。アニメや仕事、おもしろ記事や子育てまで幅広い記事が揃っています。

僕が退職届を出した理由は上司のパワハラによるもの

スポンサーリンク

退職届を出しました。退院早々だった訳ですが、いやはや自分もこんな展開に急遽陥(おちい)るとは思ってもいませんでした。

僕には子供が2人いて、当然妻もいます。僕は家族を養っていかなければいけない一家の大黒柱なのですがもう限界でした。ごめんなさい。

なんかむしゃくしゃしてるので、心の叫びを解放させて頂きます。

なんだかなぁ

最初に言っておきますが、退職するに至ったのは心無い上司に「限界がきた」という理由です。かれこれもう何年も勤務してきましたが限界でした。

それは、上司の過剰な嫌味もありますが新しく入社してきた人がすぐに辞めていってしまうので心の拠り所がなかったのも本音です。

実は、僕の働いている事務所は少数しか社員がいなく傍から見ると「窮屈」な会社に見えるかもしれません。

そんな小さな会社でも、それなりに作業がありますので求人をかけて募集するのですがことごとく辞めていってしまうのです。

そう、その原因はクソ上司のおかげなのです。

退職者1人目

僕が入社した当時頼れる先輩がいました。

しかし、その先輩は上司から過剰なパワハラの嵐を受け「こんな屈辱を味わうのはもう限界だ!」と言うことで僕が入社した2ヶ月後に辞めていってしまったのです。

 

「マジか…」

 

僕はこの時に不安を覚えましたが、子供もいるしすぐに辞めるわけにはいかないと思いあまり気にしないようにしていました。

今思えば、パワハラ対象の先輩が辞めた時点で次のターゲットは自分になることに早く気が付けばよかったと思います。

退職者2人目

先輩が辞めたあとに、求人を出そうということになり早速新人さんが入社してきました。

年齢は僕よりも上でしたが、とても面倒見がよく頼れる人でした。

しかし、その頼れる存在というのが気に食わなかったらしく上司は集中的にパワハラを繰り広げ始めました。

その方は女性だったのですがパワハラ途中に泣いてしまい、僕も腹が立って…

「そこまで言う必要ないんじゃないですか?!」

と言い放ったところ…

「この人が入社してきて会社の空気がおかしくなったんだよッ!!」

と罵倒されました。

 

結局その方自身は頑張って出社して来ていたのですが、使用期間満了日に退職を促されて挨拶も出来ないまま退職されていきました。

すごくいい人だったのに…

退職者3人目

そして、新たに入社してきたのはまた僕よりも年上の方でした。物腰の柔らかいとてもいい人です。

この方は結局2ヵ月で辞めていってしまったのですが、この方への上司の対応も酷すぎました。

少しミスをすると…

「○○さんはこれに今後一切触らないで下さい!」

「なんで何回も同じこと言わせるんだ!」(まだ教えていない)

 

可哀想だったな。僕がカバーしても無理。

 

そしてついに…

「体中に蕁麻疹が出たので休みます…」

新人さんからの電話でした。

そして翌日出勤してきたら一直線に上司のもとへ向かい、

「ストレスが原因みたいですので、本日付で退職します」

こう言っていました。

 

僕はこの発言を聞いて「よく言った!」と心の中でガッツポーズをしたことを今でも忘れません。

その他にあと3人辞めていきましたが、長くなるので割愛させて頂きます。

ちなみにこの頃には僕もパワハラの対象になって毎日なんかかしら言われていましたが、こう見えても心は強い方ですので気にしないで仕事をしていました。

限界を迎えた理由

まず、僕が上司から受けた酷い言葉をまとめた記事がありますのでリンクを貼っておきます。


この記事では言われて傷ついた言葉を笑いながらご紹介していますが、こんなの一例にしか過ぎません。

この他にも散々言われ続けていた訳ですが、僕は日本男児。グッっとこらえていました。

しかし「もう無理だ!」と思ったのは僕が退院して久しぶりに出社したら突然呼び出され感染症患者扱いされ酷い言葉を連発されました。

 

また、僕の持病に関しても心無い言葉を連発してきたので…

「あぁ無理だ。こんな屈辱を受けるのは。」

と考える間もなく「退職」という答えが出ました。

 

人によれば…

「甘い!」

「そんなんだから仕事続かないんだろ?」

と思うかもしれません。しかし、今回だけは本当に無理でした。

人をばい菌扱いしやがってさ…この他にも持病のことを馬鹿にされてもう無理でした。(僕は難病持ちです)

幸い肝っ玉は強い方なので「鬱」にはなりませんが、正直その一歩手前まで陥りそうだと瞬時に感じたので退職を選択したのだと思います。

 

しかし、退職日はもう少し先…何故すぐに退職しなかったのかというと、新たに入社してきた新人さんへ引き継ぎをする為です。

しっかり教えないで僕が辞めてしまったら新人さんが可哀想ですからね。なので最後はきっちりと仕事をして幕を閉じたいと思います。

最後に

なんだかね…人生色々あるよね。

しかし、今まで10回以上も転職を繰り返してきた僕です。次もなんとかなるでしょう!前向きにひた向きに行動していれば、これからいいことだって沢山あると思います。

また、奥さんも退職に賛成してくれたのも大きな支えですね(涙)

いい奥さんをもらえて本当によかったと思います。

 

ブログっていいな~。ストレス解消には思っていることを「文章に書き起こす」のがよいと言われていますが今回ブログに書き綴って少しスッキリしました。

また、これから転職活動で忙しくなりますが貴重な転職話も記事に出来るから結果オーライということで。

 

それと、先日仕事やめて「しがない飲食店」を開業しようと思いましたが、先立つお金がないことに気がつき断念しました(笑)

 

やっぱ世の中お金ですね!

 

では長くなりましたが、最後に上司に言われたクソ発言で終わりとさせて頂きます。

 

 

「お前持病持ってるからどこも雇ってくれないでしょ?」

 

 

 ほんと最低ですわ。あなた。

 

 

おしまい。