読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だんごの噂

だんごの噂は、管理人だんキチが興味があることを書き綴っているメディアブログです。アニメや仕事、おもしろ記事や子育てまで幅広い記事が揃っています。

SMAP解散は僕のせいかも…あのときジャニーズに応募していれば。

エンタメ おもしろ

スポンサーリンク

f:id:dangotan:20160814100800p:plain

こんにちは。世界に1人だけの「だんキチ」です。

さて、みなさんも「SMAP」の解散報道に驚きを隠せていないのではないでしょうか?

ちなみに僕は、錦織 圭選手の試合中に流れた「速報テロップ」でこの事実を知ったのですが、正直深夜にも関わらず「え゛ぇ゛ーー?!」と大声を上げてしまったくらいです。

しかしながら、あれだけ色々な騒動があったので解散は「仕方がない」と思う訳ですが…僕は少し悔やんでいます。

実は僕…小学生のときに本気で「ジャニーズ」に入ろうと思っていた時期があり、お父さんやお母さんに相談していたときがありました。

しかし、結果的には「芸能界」にビビってジャニーズには応募しなかったのですが…あのとき僕がジャニーズに入っていれば、今回の騒動で悩んでいる「中居さん」「草彅さん」「香取さん」「稲垣さん」「木村さん」の相談役になれたかもしれない…。

僕はそう思いずっと考え込んでしまっているのですが、ふと小学生の頃「ジャニーズ」に入りたいと親を説得していた頃の記憶が蘇ってきましたので、ここに書き綴らせて頂きます。

小学校5年生の僕とジャニーズ

当時僕はジャニーズの「滝沢くん」の大ファンで、お小遣いをもらうと「Myojo」というジャニーズの方が載っている雑誌を一目散に買い、雑誌を毎日ながめては「この人達みたくなりたいな~」と憧れを抱いていました。

そうして、毎日ひたすら「踊り」の練習をしていたのですが (ただ適当に気持ち悪く動いているだけ) いきなりお母さんが…

 

「あんた踊り好きだからジャニーズに入ったら?!」

 

…と突拍子もないことを言ってきたのです。

しかし僕は、この言葉がすごく嬉しく感じ…

 

「じゃ…バク転できるようになったら…応募してみようかな」

…と毎日「庭」でバク転の練習をすることに。

 

それからというもの、僕は「雨の日」も「風の日」も「雪の日」も「少しお腹が痛い日」もバク転の練習をしていたのですが…やっとか1回できた頃には僕は中学校3年生になっていました。

フフッ…僕的にはしっかりと「練習」していたつもりだったのですが、全く練習が足りなかったということですね。

正直に言うと、その間にはプレイステーションも発売されており「鉄拳」「ファイナルファンタジー」にハマってしまい「ジャニーズ」のことなんて頭の片隅にもありませんでした。

そう…僕はジャニーズ離れしてしまっていたのです。

しかし「暇」ができると庭でバク転の練習はしていたのですが、いつの頃か僕はこう思うようになっていたのです…

 

「なんで俺…バク転の練習してるんだ?」

 

…僕はジャニーズの必須条件「バク転」に踊らされ、結果的に「バク転」に殺されてしまっていたのです。

また、そのことに気がついたときにはすでに人気ロックバンド「GLAY」「ラルク」が登場していて、僕は「ロックバンド」に憧れを抱く少年になってしまいジャニーズの存在自体を忘れてしまっていました。

 

しかし、今SMAPが解散することになって「ジャニーズ」に入らなかったことを本気で後悔しています。

 

「あの時…僕が本気を出してジャニーズに入っていればメンバーの支えになれたかもしれない…」

 

…後悔先に立たず。

 

そう…あのときに本気でジャニーズに入ろうとしなかったことを「後悔」しても…もう遅いのです。

僕はいつもそう…

「あの時しっかりやっとけば」

「俺だって昔は本気でやってたんだ」

 

…………。

 

 

 

 

 

もうこんな台詞(セリフ)吐くのはウンザリなんだよッ!!

俺だって…俺だって (号泣)

 

 

 

 

…僕はもう後悔はしたくない。

 

 

30歳を越えた今からでも…全く遅くないですよね?

 

 

 

ジャニーズに入るの?

まとめ

今回の「SMAP解散報道」で1番ショックを受けたのは僕かもしれません。

 

「あの日 あの時 ジャニーズに入っていれば こんなに苦しむことも なかったと思う でも入っていれば もっと不幸せだった」

 

…ロードの歌詞に当てはめてみたら、僕はジャニーズに入っていれば「不幸せ」になるみたいです。

しかし、あのとき僕がジャニーズに入っていれば「運命の歯車」を少しズラすことも可能だったかもしれません。

 

…ごめんなさい…「中居さん」「草彅さん」「香取さん」「稲垣さん」「木村さん」

 

僕はあなた達を「守る」ことが出来なかった。

しかし、僕はこれからも「あなたがたのファン」として生きていきますので、体を大事にしてご活躍して頂けたらと切に願っています。

 

 

僕もまた…バク転の練習を再開しますので。

 

 

おしまい