だんごの噂

だんごの噂は、管理人だんキチが興味があることを書き綴っているメディアブログです。アニメや仕事、おもしろ記事や子育てまで幅広い記事が揃っています。

幸楽苑の二代目醤油らーめん司を食べた感想【食レポ】

スポンサーリンク

今回は、幸楽苑のメニューから「二代目醤油らーめん司」の食レポをお届けしたいと思うのですが…このラーメンの感想を言うと、意外と美味しかったのでハマりました!

幸楽苑と言えば「多加水熟成麺(たかすいじゅくせいめん)」を使用していて、すべてのラーメンが同じ歯ごたえに感じますが…二代目醤油らーめん司がそれを打ち砕いてくれました!

二代目醤油らーめん司は本当に美味い!

f:id:dangotan:20170122155631j:plain

前書きはなしとして、早速「二代目醤油らーめん司」の食レポを始めさせていただきますが、「司らーめん」の頃と比べてスープの色が濃い印象。

 

f:id:dangotan:20170122155823j:plain

海苔、ナルト、ネギ、チャーシューが2枚…シンプルイズベストなトッピングですね!

こうやってみると「中華そば」を連想してしまいますが、スープの色からしてみてサッパリ系とは思えません。

 

f:id:dangotan:20170122155955j:plain

どれどれ…と、麺を箸で持ち上げてみるとこの通り!

幸楽苑でお馴染みの「多加水熟成麺」とは少し違うんですよね…二代目醤油らーめん司は。

それもそのはず、二代目醤油らーめん司の麺には「デュラム粉」がブレンドされているようです。

ちなみに、デュラム粉とはパスタなどでよく使用されているみたい。

 

f:id:dangotan:20170122160326j:plain

また、通常の麺よりも少し細く縮れていますので「中華そば」の雰囲気を味わうことも可能!

麺を口に運んで食べてみると、モチモチとした歯ごたえでスープがよく絡んでいて美味しい!

 

f:id:dangotan:20170122160314j:plain

スープはこんな感じで、色で分かる通り「濃厚醤油」となっています。

最近だとラーメン界に「濃厚ブーム」が訪れていますので、時代の流れに乗ったという感じでしょうか?

 

f:id:dangotan:20170122160645j:plain

ナルトもこの通りモチモチで美味しい!

いつもは子供にナルトを奪い取られていましたが、この日は自分が食べれてラッキー!

 

f:id:dangotan:20170122160901j:plain

チャーシューはこんな感じで「薄い」のがネックですが、味は十分に美味しいのでOKとさせていただきましょう!

ここまで「二代目醤油らーめん司」を食べてみての感想は、以前の「司らーめん」に比べて味が濃くなった!ということです。

醤油ベースのまろやかな濃厚スープに絡み合う中太ちぢれ麺は最高!

濃い口の自分を唸らせましたね。

【二代目醤油らーめん司詳細】

・価格490円(税込 529円)

・カロリー573Kcal

合わせてチャーハンに温玉とチャーシュー

f:id:dangotan:20170122161404j:plain

メニューを見ていたら…

「あれ?こんなメニューあったっけ?」

このような商品があったので注文してみることに。

内容は、チャーハンの上に温玉と刻みチャーシューがのっているというもの。

 

f:id:dangotan:20170122161524j:plain

温玉をパカッと割るとこの通り…中から美味しそうな黄身が流れ出てきました。

これが食欲そそるんだよな~。

 

f:id:dangotan:20170122161611j:plain

そうして、すべての具材を蓮華にのせて一気に口の中へ。

塩味が効いたチャーハンに絡み合う温玉のまろやかさ、それにチャーシューのうまみをトッピング!

最高です!!

…しかしながら、いつも行っている幸楽苑にはこんなメニューはないんですよね。

いつもの幸楽苑は白飯に温玉とチャーシューだった気が…。

店舗によってメニューが違うので、事前にチェックしておくようにしましょう!(電話とかで)

二代目醤油らーめん司 感想

「司らーめん」から「二代目醤油らーめん司」へと進化を遂げて初めて食べてみましたが、これは中々美味しかったですね。

しかし、幸楽苑おすすめ人気メニューランキングTOP10の順位が変動することはなさそうです。

なので、次回は自分的1位のメニューを注文したいと思いますが、二代目醤油らーめん司は濃い口な方にはオススメですので是非食べてみて下さい!

満足いくこと間違いなしですので!