読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だんごの噂

だんごの噂は、管理人だんキチが興味があることを書き綴っているメディアブログです。アニメや仕事、おもしろ記事や子育てまで幅広い記事が揃っています。

童話「桃太郎」のお話しに自分も参入したらジワジワきた

おもしろ

スポンサーリンク

f:id:dangotan:20160405123508p:plain

童話の中で最も人気が高いと思われる「桃太郎」ですが、みんなは読んだことありますか?

冒頭の「おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました」というフレーズで覚えているかたも多いことでしょう。

 また、昔話をさせると決まってこのフレーズから入る人も多いよですよね。

そこで、僕が思ったのは…

「桃太郎に自分も登場させるとどうなるのか?」

ということ。

簡単に書くと、登場人物を

「おじいさん、おばあさん、桃太郎、俺」

という感じ!

なんか面白くなりそうだぜ…と思い書いてみましたので暇つぶしな感じで読んでみて下さい。

それではどうぞ!

桃太郎&俺

むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんと俺が住んでいました。

おじいさんは山へしばかりに、おばあさんは川へ洗濯に行くのを、俺は部屋の窓から見ていました。

おばあさんが川で洗濯をしていると

「ドンブラコ、ドンブラコ」

と、大きな桃が流れてきました。

「これはいいみやげが出来た!」

おばあさんは大きな桃を拾い上げ、家に持って帰っているとき、俺は少し遅めな朝食を摂っていました。

そして、おじいさんとおばあさんが、桃を食べようと桃を切っているのを横目で見ている俺がいました。

「パカーーーーン」

なんと、モモの中から元気な男の子が飛び出してきました。

おじいさん、おばあさん、俺は…

「これは神様が下さったに違いない!!」

こどもがいなかった、おじいさん、おばあさん、俺は大喜びです。

桃から生まれた男の子を、おじいさんとおばあさんと俺は、桃太郎と名付けました。

桃太郎が成長

桃太郎がスクスク育って、やがて強い男の子になったとき、俺は大学を卒業しました。

そしてある日、桃太郎が言いました。

桃「ぼく、鬼ヶ島へ行って、わるい鬼を退治します」

そして、おばあさんと俺にきび団子を作ってもらうと、鬼ヶ島へ出かけました。

仲間が増える

旅の途中で、イヌに出会いました。

イヌ「桃太郎さん、どこへ行くのですか?」

桃「鬼ヶ島へ、鬼退治に行くんだ」

イヌ「それでは、お腰に付けたきび団子を1つ下さいな。おともしますよ」

イヌはきび団子をもらい、桃太郎のおともになりました。


そして、今度はサルに出会いました。

サル「桃太郎さん、どこへ行くのですか?」

桃「鬼ヶ島へ、鬼退治に行くんだ」

サル「それでは、お腰に付けたきび団子を1つ下さいな。おともしますよ」


そして歩いていると今度は、キジと俺に出会いました。

キジ&俺「桃太郎さん、どこへ行くのですか?」

桃「鬼ヶ島へ、鬼退治に行くんだ」

キジ&俺「それでは、お腰に付けたきび団子を1つ下さいな。おともしますよ」


こうして、イヌ、サル、キジ、俺の仲間を手に入れた桃太郎は、ついに鬼ヶ島へやってきました。

鬼ヶ島に到着

鬼ヶ島では、鬼たちが近くの村から盗んだ宝物やごちそうを並べて、酒盛りの真っ最中です。

桃「みんな、ぬかるなよ。それ、かかれ!」

イヌは鬼のおしりに噛みつき、サルは鬼の背中をひっかき、キジはくちばしで鬼の目をつつき、俺はガクブルで震えていました。

桃太郎は、刀をふり回して大あばれです。

とうとう鬼の親分が、

鬼ども「まいったぁ、まいったぁ。降参だ、許してくれぇ」

と、手をついて謝りました。

桃太郎とイヌとサルとキジと俺は、鬼から取り上げた宝物を引き車の荷台につんで、元気よく家に帰りました。

おじいさんとおばあさんと俺は、桃太郎の無事な姿を見て大喜びです。

そして三人は、宝物のおかげで幸せに暮らせましたが、俺は鬼ヶ島に行って就職活動が出来なかったので新卒ニートになりました。

 

おわり

なんかジワジワきた

想像してたらジワジワきたので文字に起こしてみました。

なんの物語でも、自分を加えると面白くなるから妄想タイムにオススメします。

それでは!

 

参考元。

桃太郎 <福娘童話集 日本の有名な話>