だんごの噂

だんごの噂は、管理人だんキチが興味があることを書き綴っているメディアブログです。アニメや仕事、おもしろ記事や子育てまで幅広い記事が揃っています。

居酒屋に行ったら店員さんが口臭くてショックだった話

スポンサーリンク

f:id:dangotan:20160914160302p:plain

こんにちは。だんキッチです。

ちょっと聞いてほしいことがあるんだけれど…いいかな?

実は、先日久しぶりに居酒屋に行ったんだけど店員さんの口が物凄く臭かったんです。

いやッ!別に晒す感じで書いているんじゃなくて、本当に臭くてちょっぴり気分が落ち込んだのでブログに書くことにしました。

なので、皆さんは「コイツこんなことがあったんだ」程度に読んでもらえたらいいかと思います。

久しぶりの居酒屋

最近建設の仕事と、ライターの仕事が忙しくてあまり飲みに行けてなかったのですが、久しぶりに友人から誘いの電話が入ったので飲みに行くことに。

そして、友人と久しぶりの再開を喜び合いながら「魚料理」がおいしい居酒屋へ入り、どの料理を注文するか悩みながら「ピンポーン」と呼び出しボタンを押したのでありました。

そうすると、あきらかに店長クラスであろうベテラン店員さん(男性)が来てくれたので僕はとっさに質問したのです。

 

「オススメの刺身はなんですか?」

 

そしたら、店員さんが…

店員さん「やっぱり人気があるのはサーモンですね!」

この瞬間、僕の鼻穴が全開き「危険な臭い」を察知したのです!

 

そう…それはこの世の臭いとは思えない「死の臭い」でした。

 

しかしながら、僕は「嫌な顔をすると店員さんに失礼だ…」と思い、必死で会話を終了させようとしていたのですが…

 

店員さん「実はですね~サーモンは…ウンチャラカンチャラ」

このように、マシンガントークで「サーモン知識」をアピールしてきたのです。

 

僕はと言うと、その連続コンボのマシンガントークによる「死の臭い」をもろに浴びて、徐々にサーモンが憎くなってきました。

ですが、店員さんの「豆知識」は止まりません!危険レベルMAXの口臭も止まりません!

 

そして、最終的には口臭の連続コンボを浴びた僕は「サーモン」を注文することは出来ませんでした。

口臭がキツイと成約率も下がる

どの業種においても言えることだと思いますが、確実に口が臭いと「成約率」が下がると思うんです。

 

欲しいものを購入しようとお店へ足を運んだとき、「口が臭い店員さん」「フリスクのような清々しい口臭の店員さん」がいたら、どちらから購入したいですか?

ちなみに僕だったら間違いなく後者の「フリスクのような清々しい口臭の店員さん」です。

しかし、清々しい店員さんが空いていなくて、口がヘドロ臭い店員さんが僕の元へやってきたらファーストコンタクトを上手く受け流してそっと店を出ますね…。

なので、口が臭いと成約率がドドッと下がり営業成績が急降下してしまうと思うんです。

また、口が臭いせいで「マンション契約」を結べなかった営業マンや「洋服」を購入してもらえなかった販売員さんだって沢山いることでしょう。

しかしながら、口の臭い人は「自分では気づいていない」と聞きますので、あの店員さんも「自分は口が臭い」なんて微塵も感じていないと思います。

口が臭い人に「臭い!」とは言えない

「そう思ってるなら臭いって教えてあげなよ?」

まず無理っしょ?!w

仲のいい友達でさえ「お前口臭いよ!」なんて言えないのに、初めて会った店員さんに「口臭いですね~」なんて言った日には店員さんが泣いてしまいます。

なので、口の臭い人への対応は難しいんですよ!東大合格並みに!

もしかしたら自分も説

口臭は自分で気づきにくいんですよ?

もしかしたら、自分自身「死の臭い」をまき散らして生活している可能性だって十分にあります!

また、気になって色々調べていたら「面白いコピペ」を見つけましたので載せさせて頂きます。

エヴァ打ってて金枠リツコ確シングルきて隣のしらないけどじぃちゃんが
「おっ、これは当たるやろぅ」
っていってきて「いや、確シングルじゃムリですよ~」って言ったら
「うわっ、君口臭いなぁー!!」って言われたんだが


なにこれ死にたい

これは有名なコピペですが、これを書いた本人だって言われるまで自分が「口が臭い」なんて思っていなかったハズです。

※このコピペには笑い転げさせていただきました。

まとめ

なんかよく分からない記事構成になってしまいましたが、僕が言いたかったのは「居酒屋の店員さんの息が臭かった」ということです。

成約率などいらない話をしてごめんなさい…ちょっと出来る人間に見られたかっただけです。

しかしながら、自分の口臭には気がつきにくいものですから、僕は店員さんの二の舞ににならないように「ブレスケア」を頻繁に行おうと思ったのでありました。

 

おしまい。