読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だんごの噂

だんごの噂は、管理人だんキチが興味があることを書き綴っているメディアブログです。アニメや仕事、おもしろ記事や子育てまで幅広い記事が揃っています。

どうしてみんなは自分のやっていることに「自信」を持てないの?

スポンサーリンク

こんにちは。だんキチです。

今回の記事は、みんなの感情を刺激する内容になってしまうかもしれませんがお許しください。

タイトルでもあるように「自分のやっていることに自信を持てない人」がネット上にいることに僕は「疑問」を感じてこの記事を書かせていただいた次第です。

 

「俺・私は自信持ってるよ?」

 

そのような方にはこの記事は必要ありません。

今まで通り自信を持って生きて下さい。

しかしながら、自分のやっていることに「自信」を持てない人…自信を持ってやっているつもりでも「自信がなく見える人」へこの記事を贈ります。

どうして自分の仕事に自信が持てないの?

「ウチはブラック会社だからさー」

「ウチの会社の商品売れるわけないじゃん」

 

そんなんだから、いつまで経ってもペーペー社員なんですよ。あなたは。

自分の会社の商品を自信なさげに売る姿勢は、お客さんに「この商品はよくない商品です」とメガホンで叫んでいるのと同じです。

僕も今まで「営業職」についたことが何度かありますが、どの会社でも営業成績TOP3に入っていました。

それは何故かというと「自信」があったから。

 

しかし、売れない社員をみていると全く「自信」がない。

自社の商品のことを愛していない。

 

これじゃ売れるわけありませんよね?

あなただったら、楽しそうに「この商品にはこんなメリットが!あッそれとこんなところもあるんですよ!」と営業をかけてくる社員と、「え~と。これはですね~」と嫌々商品を売っているように見える社員とではどちらから商品を買いたいですか?

僕なら絶対に楽しそうに自信をもって営業かけてくれる社員から買いたいですね。

 

なので、仕事においても「自信」は本当に大切なんです。

 

なにも、出世するために「自信を持って行動しろ」といっている訳ではありませんが、やるからには「自信」を持って取り組みましょうよ?

それが自分の「人間性」へと繋がりますので。

どうして女を幸せにさせてやる自信が持てないの?

「俺年収200万だから今の彼女と結婚できね~わ」

 

そんなんだから彼女に振られるんですよ。

年収200万だって結婚は出来ます。二人の愛があればですけどね?

 

しかし、このように自分の可能性に自信が持てない人が増えてきています。

僕から言わせれば…

 

「じゃ~なんで付き合ってるの?セフレ?」

 

このように冷めた目で見たくなりますね。

 

本当に大好きで仕方がない彼女だったら「これから頑張ってもっと年収を増やしてやる!だから結婚してくれ!」となるのが普通だと思いますが、自信を持てていない人は「諦め」にも似た言葉を発言してしまうのです。

なので、女性のみなさんは「収入低いから…」と結婚を伸ばしている野郎とは今すぐに別れましょう!時間の無駄です。

どうして自分の「人生」に自信が持てないの?!

僕はこれまで生きてきて10回以上は転職してますし、世間様から「後ろ指」を指されることも沢山してきました。

しかし、僕は今まで自分が行ってきた行動に自信を持っています。

なので、人から「~したんだって?」と苦言を吐かれても「そうですけど?それが何か間違っていますか?」というスタンスで返答しています。

今まで自分の選択で生きてきた「人生」に自信を持てなくては「終わり」です。ホントに。

しかしながら、自信が持てない人は「苦笑い」であったり「合わせ言葉」でその場を回避しますよね?

それって自分自身を「否定」していることにお気づきでしょうか?

自分自身を否定するということは、自分の生きた過程を消し去ると同じこと。

絶対にやってはいけないことなのです。

 

なので、自分の生きてきた「人生」には自信を持ちましょうよ?

絶対に間違っていませんよ?あなたの人生は?

まとめ

どうでしょう?「自信」が持つ力をわかっていただけましたでしょうか?

また、僕は普段「おもしろ記事」や「キチ記事」ばかりを書いていますが、すべて自信を持って書いています。

その結果、嬉しいことに徐々にファンが増え、イラストを描いてくれる人も現れてくれました。

何事も「自信」が大事なんですよ。

自信がない人には「魅力」がないですからね。

 

ですので、みなさんも今取り組んでいること、関わっていることに「自信」をもって取り組むようにしてみましょう!

 

その「自信」が、絶対に自分にプラスになって返ってきますので。

 

 

おしまい。