読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だんごの噂

だんごの噂は、管理人だんキチが興味があることを書き綴っているメディアブログです。アニメや仕事、おもしろ記事や子育てまで幅広い記事が揃っています。

キ〇タマ大戦争~右キ〇タマの突然変異との戦い~

スポンサーリンク

ごめん。下品なタイトルで。

実は去年、僕のキ〇タマが大変なことになりまして、大変ほろ苦い思い出を作ってしまいました。

キ〇タマ…それは男子なら左右にぶら下げている男の勲章。いや象徴?…どっちでもいいや。実は、その大事なキ〇タマの「右キ〇タマ」が突然変異したのです。

そこで今回は、僕と右キ〇タマの戦いをこと細かく書かせて頂きましょう。

序章

その日もいつも通りの朝を迎え、背伸びをしながら布団から起き上がり会社に行く準備をしていたんだ。

僕は朝のシャワーを浴び終わり、脱衣所に出たら今日履いて行こうとしていたデニムが洗濯に出されていてなくなっていた。

「ん~今日履いて行こうとしてたデニムないよぉ~?」

嫁さんに声をかけると

「洗いに出した!洗濯物入れるカゴに違うのなんかあるでしょ?!」

との返答。

そこで洗濯カゴを覗いてみると、カーゴパンツが一本入っていました。しかもいつ洗濯したのか分からないほど埃まみれのカーゴパンツ。

「タンスから引っ張り出すのも面倒だし、今日はこれ履いていくか」

この選択がすべての誤りでした。このとき僕はこのカーゴパンツのせいで大変になるとは思いもしなかったのです。

痒い

洋服に着替え、朝食を摂ろうと居間へ向かい大好きな目玉焼きと味噌汁を楽しんでいたそのときだ。

「なんかキ〇タマかいーな」ボリボリ

そう、なんとなくキ〇タマが痒かったのだ。ただし、この時点ではなんとなく痒いだけであって掻き毟るほどの痒さではない。

「シャワー浴びたのになんでかな~?」

と考えつつも、大好きメニューの朝食を平らげ会社へ行く準備をしていたのだ。

そして出勤の時間。

いつも通りに風を切り車に乗り込む僕。キ〇タマを掻きながら。

大好きなBGMをかけ、左手でハンドルを握り右手はキンタマを掻く。掻く。ひたすら掻く。

 

なんかおかしい…

 

いつもと違う動作が一つ増えている。この時だ。キ〇タマが危険信号を発しているのに気がついたのは。

出社の時

痒い。

痒い!

痒い!!!

バリボリとキ〇タマを掻きむしりながら出社。その日は普段なら休日ということもあり、社内には僕の他にもう1人の社員しかいなかった。しかもあまり話したことがない人。

このとき、仲がよい奴だったら…

「いや~なんか朝からキ〇タマが痒くてさ~」

「マジで?!大丈夫なの?インキン?!w」

みたいな会話が出来たかと思うが、そこはあまり話したこともない人。

 

僕「おはようございます。〇〇さんも出勤ですか?」ボリボリ

社員「おはようございます。そうなんですよ」

 

会話が続きません。キ〇タマが痒いなんて口が裂けても言えません。痒いです。

そんなたわいもない朝の挨拶を交わし、僕は自分のデスクへと着席。当然キ〇タマを掻きながら。

そして、いつも通りデスクトップPCの電源を入れた瞬間気がついたのだ。

「右キンタマが熱い」

右キ〇タマが熱いのだ。じんわりと熱くなってきていたのだ。そこでこっそりとカーゴパンツの中に手を入れ、直に右キ〇タマを触ってみると…

 

?!

ウソだろッ?!

 

肥大している。確実に肥大しているよ右キ〇タマ。

一瞬にして冷や汗が吹き出し、うろたえる僕。しかし同僚に気づかれまいと冷静を装う僕。その姿を見たのか見ていないのかPCを操作している同僚。

 

やばい!

このままではやばい!

 

手で掴んだだけでも肥大しているのが分かる。なんたってもう何十年も連れ添ったキ〇タマ。少しの変化でも分かるのです。

そこで、手の感触だけでどのくらいのサイズまで肥大しているのか測定してみることにしたら、あら大変。野球ボールくらいの大きさまで肥大していた。

右のキ〇タマだけ野球ボールサイズ。重いです。体が右へ傾きます。

「おいッ!なぜこうなった?!」

自問するとすぐに原因が分かりました。

洗濯カゴの中に1ヶ月くらい滞在し、埃まみれになっていたカーゴパンツ。

 

お前だろ。

カーゴパンツよ。

 

よくよく考えてみたら、すごく汚いカーゴパンツ。菌がウヨウヨいてもおかしくないカーゴパンツ。

原因は分かった…がしかし、もう仕事が始まっている。

「ちょっとキ〇タマが痒いんでズボン取り換えてきますw」

なんてことが出来ないのだ。うちの会社は。

どうしよう…と考えた瞬間ひらめいた。トイレに行ってウォシュレットで洗えばなおるのではないかと。

トイレへ直行

そこで早速行動に移すべく、少し奥の席でPCをカタカタしているあまり仲の良くない同僚を横目で確認しつつトイレへ駆け込む僕。

無事にトイレに駆け込むことができ、早速直に右キンタマを見てみると見るも無残な姿へと変身を遂げていました。

 

でかい。

右キ〇タマがデカい!!

 

もうトランクスから溢れていました。右キ〇タマ。

そこで早速ウォシュレットを使って洗浄を開始するべくボタンをポチ。

「ヴィーーーーーン」

「ジョバババババーーー」

 

違う!ケツ穴じゃないんだ!!

キ〇タマにあててほしんだ!!

 

始めての試みなので、キ〇タマへうまく水を当てられない。そこでお尻を少し奥へ引っ込め、前傾姿勢をとるとキ〇タマへ直撃!!

「アヒィィx------」

「クソッ…アッ…アン…ウッ…アーーー!!!」

始めての感覚に目覚めそうになりながらも、目標達成。無事に洗浄することが出来て一安心し、菌まみれのカーゴパンツを履き直しオフィスへと戻ったのだ。

オフィスへ戻ると、先ほど同様PCをカタカタしている同僚の姿が。

「こいつ俺がウォシュレットでキ〇タマ洗ってたことなんて全く分からないんだろうなw」

と、どこか心の中でニヤける僕がいた。

しかし、これでもう大丈夫と一安心していたのも束の間だったのでした。

再発

洗ったから大丈夫!と、意気揚々とデスクワークをこなしていた訳なのですが5分足らずで痒みが再来。

帰りたいけど帰れない。そんな状況にイラついてきた僕は、別に同僚に告げ口されてもいい!クビになってもいい!という信念でPCの電源をOFF。

あまり仲の良くない同僚に…

「子供が熱上げたから帰ります!」

と突然言い放ってやった。

そしたら同僚が…

「今風邪流行ってますもんね~お大事に。」

とテンプレのようなコメントを返してくれたので心底助かりました。しかしながら「コイツとは仲良くなれねーな」とも思った瞬間でした。

なにはともあれ、会社から脱出できた僕と肥大したキ〇タマ。もうダッシュで車に乗り込みキ〇タマを掻きむしりながら自宅へと猛スピードで帰りました。

家につくと嫁がいて…

「どうしたの?!忘れ物?!」

と驚いている様子。

そこで僕は…

「キ〇タマが痒すぎてヤバイ!右のキンタマ見てみろよこれ!!」

とボロリして見せつけてやったら

「きたね。なんで右だけアピールしてんの…それ」

お前に言った俺がバカだったよ。

こんな優しさのない嫁はほっといて、シャワーへ加速!加速!加速!

洗いながらもう一度確認してみると、キ〇タマから赤ちゃんが産まれてもおかしくないほどに大きくなっていた。

そこで僕は、ビオレUボディーソープを何度もプッシュして洗い、新しいズボンへと履きかえたのであった。

それから数時間後

無事に痒さから解き放たれたものの、右キ〇タマは肥大したまま。

スキニーパンツを履くと右側コンモリ。めちゃめちゃダサくてとても笑えました。

終戦

ここで結論を言わせて頂くと、キ〇タマが平常運転を始めたのは2週間後くらいでした。その治るまでの2週間は体を右に傾かせながらの生活。キツかったです。

まず、この事件でとても勉強になったのは、

・1ヶ月洗濯していないズボンは履かないこと

・ウォッシュレットをキ〇タマにあてるとクセになること

この2点でした。

最後に

まとまりのない記事になってしまいましたが、僕がとてもキ〇タマが痒かったことは伝わったと思います。

ただキ〇タマが痒かったことが伝えたかったので、とても満足してますよ。僕は。

それと、今でも続けているキ〇タマウォシュレット。オススメします。

それでは「キ〇タマ大戦争~右キ〇タマの突然変異との戦い~」はこれにて終戦です。

また次回くだらない記事をお届けいたします。

ではでは!

 

後日談

dango.hatenablog.com