だんごの噂

だんごの噂は、管理人だんキチが興味があることを書き綴っているメディアブログです。アニメや仕事、おもしろ記事や子育てまで幅広い記事が揃っています。

納豆嫌いを克服したので「納豆レシピ」を編み出してみた!

スポンサーリンク

実は、自分は生まれてこの方33年間「納豆」という食品が嫌いで仕方がなかった…。

臭い…臭い…臭い…このように納豆を毛嫌いしていた自分が、納豆を突然食べれるようになったのは今でも信じられません。

 

今では納豆を愛し、納豆に惚れ、納豆と結婚したいくらい「ひきわり納豆」のことを毎日思い続けている訳であります。

当然納豆が食べたくなった

f:id:dangotan:20170227183656j:plain

自分は本当にこれまでの33年間、納豆を食べることが出来ませんでした。

 

いやッ!…食べようと思えば食べることは出来たのですが、あの臭さ、独特の風味が苦手で食べようとも思えなかったんですよね。

 

しかし…ある日突然このように思ったわけです。

 

 

「納豆を口いっぱい食べたい!」

 

 

自分は、自分自身に対して「何を言っているんだ?」とツッコミましたが、自分の脳みそは納豆を求め続けていることを確認。

なので、すぐさま車を走らせてスーパーへ納豆を買いに行くことにしたのでした。

 

スーパーに到着して納豆コーナーの前に立っても「つぶ」がいいのか「ひきわり」がいいのか分からない訳ですよ?33年間自分の意志で買ったことなんてなかったので。

しかしながら、どちらかを選択しなければいけない。

 

なので、自分は思いきって「ひきわり」にしてみました。

 

誰かが「納豆初心者にはつぶは危険」と話していたのを思い出したからです。

 

それから毎日のように、納豆を食べ、納豆を食べ、納豆を食べていたら僕は納豆の呪縛にかかってしまったみたい…。

毎日納豆を食べないと気が済まなくなってしまったんです。

 

そうして、今夜あみだした納豆ご飯レシピがこちら。

納豆初心者の納豆レシピ

f:id:dangotan:20170227184500j:plain

どうですか?

レシピと言うよりも、もはや作り上げてしまいました。

 

f:id:dangotan:20170227184527j:plain

簡単に説明すると、このような具をご飯の上に乗せています。

 

【納豆ご飯レシピ】

・豚バラ炒め (醤油、砂糖、みりん、酒)

・辛し高菜

・ひきわり納豆

・マヨネーズ

 

こちらが自分が考案した納豆ごはんレシピです。

 

いかがでしょうか?

いかんせん、自分は納豆の初心者なので「何を入れたらうまいのか?」なんて一切分かりません。

 

ですので、自分の思いつくままに納豆ご飯を作ってみました。

納豆ご飯実食!

f:id:dangotan:20170227184842j:plain

とりあえず、全ての具材をグチャグチャと混ぜましょうか?

 

どうですか?今からこれを33年間納豆を食べられなかった奴が食べるんですよ?

 

緊張して泡を吹きそうです。

 

f:id:dangotan:20170227185042j:plain

納豆、辛し高菜、豚バラ肉…すべてに挨拶をしてから一気に口へ運ぶッ!!!

 

うッ…まいまいうぅーーー!!!

 

なんじゃこりゃ?!

こんなうまい納豆レシピがあるのかいなッ?!

 

納豆の独特の風味が口の中に広がり、辛し高菜のピリ辛具合がいい感じ!

それに加えて、豚バラ肉がご飯を口へ運ばせる!運ばせる!

 

これって神レシピでしょうか?

 

f:id:dangotan:20170227185507j:plain

さて、向かいの席では娘が「たらこスパゲティ」を食べている様子。

 

テレビに夢中ですので…少し頂くことにしましょうか?

 

f:id:dangotan:20170227185557j:plain

ハーフ&ハーフです。

 

これ以上の贅沢はありません。

 

f:id:dangotan:20170227185625j:plain

たらこスパゲティと納豆、辛し高菜、豚バラ肉のコラボレーション!!

 

これは2017年始まって以来の「奇跡」といっても過言ではないでしょう。

 

たらこの旨み、納豆の味わい、辛し高菜の刺激、豚バラ肉の重量感…全てが口の中で混じりあった瞬間、自分は「食の極み」を知ることが出来ました。

 

f:id:dangotan:20170227185900j:plain

そうして、漫画の脇役が一気にご飯を口にかっこむかのごとく完食!!

 

この納豆レシピは…たまりませんよ?

 

本気で?

まとめ

33年間も、こんな美味しいものを食べられなかったなんて信じられません!

 

なので、これからの33年間は毎日納豆を食べ続けて今までの遅れを取り戻したいと思います!

 

納豆博士になるためにも!

 

 

おしまい。