だんごの噂

だんごの噂は、管理人だんキチが興味があることを書き綴っているメディアブログです。アニメや仕事、おもしろ記事や子育てまで幅広い記事が揃っています。

エヴァに登場する「女性キャラ」の中で彼女にするならこの子で決まりッ!

スポンサーリンク

f:id:dangotan:20161009154121p:plain

こんにちは。だんキチです。

さて、ここ最近では知らない人がいないくらい有名アニメになったエヴァンゲリオンですが、みなさんはご覧になったことがありますでしょうか?

ちなみに、僕はエヴァファンですので全てチェックしてます!

そこでなんですが…放送開始から20年以上たった今、登場する女性キャラクターの好みが変わってきたので個人的に「彼女にしたいキャラ」を選んでみることにしました。

しかしながら、エヴァのキャラクターだと迷う!迷う!(ニンマリ)

なんていったって美女揃いですからね!エヴァは!

ですが、今回は心を鬼にして彼女にしたい女性キャラを1人だけ選んでみましたので、何かの参考にしてみて下さい。

 

さて、それでは僕が選んだ彼女にしたいエヴァキャラは?!…といきたいところですが、今回の「選抜対象キャラクター」をまとめてみたので先にご覧になって下さい!

それではどうぞッ!

 

惣流・アスカ・ラングレー

f:id:dangotan:20161009134426j:plain

言わずと知れた、エヴァキャラの中でも圧倒的な人気を誇るアスカ。

しかし、その高すぎるプライドが邪魔となり本当の自分をさらけ出せず、もがいてしまう一面も…。

けれど、実は他人思いのとっても優しい性格の持ち主で、特にシンジ君のことは放っておけなく常に気にかけているイメージを持つ。

また、幼少期に母親(惣流・キョウコ・ツェッペリン)を亡くしたトラウマを持っており、時折過去を思い出して寂しさにかられることもしばしば…。

だが、そんな悲しみもギュッと抱きしめてやりたいとも思えるキャラクターである。

伊吹マヤ

f:id:dangotan:20161009135521j:plain

特務機関NERV本部オペレーターで年齢は24歳。

TV放送時の僕の年齢は13歳でしたので、当時はおばさん的目線でみていたのですが現在は年齢を追い越し新卒の新入社員のように映ります。(汗)

また、伊吹マヤの素性はというと同NERV本部に勤務している「赤木リツコ」に強い憧れを抱いているのが特徴。

なので、うまく口説いて付き合えたとしても赤木リツコの話ばっかりして、ウンザリする結末になりかねない可能性がある。

それにおいて、性的事情を「不潔」と思っていることから夜の営みも皆無に近い可能性が…。

だが、その優しい性格に惚れてしまう可能性が非常に高い。

真希波・マリ・イラストリアス

f:id:dangotan:20161009140420j:plain

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」で、その姿を現したマリですが今までのキャラクターにいなかった「お姉さん的存在」に当てはまり、登場後多くの人気を勝ち取ったことも。

また、戦闘中もマイペースで戦っていることから、性格もおおざっぱだと言える。(多分血液型はO型)

しかし、その魅惑のボディが男性の目をくすぐっているのも確かだが、そのお誘いアピールが淫乱女にみえてしまい付き合ったら苦労しそうな感じもする。

だが、容姿、性格とも良さそうなので結婚して子供を生んだら「いい母親」になりそうな感じもしなくもない。

長良 スミレ

f:id:dangotan:20161009141710j:plain

長良 スミレは「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」からの登場人物になり、ヴンダーの艦橋要員の一人で主に操舵を担当している。

しかし、これといった性格、素性を選定できるシーンが今一つないため外見だけで判断するしかないのが痛いところ。

もしかしたら料理がうまいかも、もしかしたら床上手かも…このように自分なりに妄想して判断するしかないのが今の現状である。

北上 ミドリ

f:id:dangotan:20161009142107j:plain

こちらも長良 スミレ同様「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」から登場したヴンダーの艦橋要員の一人。

しかし、このキャラクターもそれほど目立ったシーンがないため彼女にするための判断材料があまりないが、少しだけ見せたシーンで「やる気のなさ」と上司への「タメ口」を披露したことにより株が下がったイメージがある。

だが、実は気の利いた性格で家族思いだということもあるかもしれないので、最大限に妄想を膨らまして判断するようにしよう!

葛城ミサト

f:id:dangotan:20161009142930j:plain

エヴァといったら「葛城ミサト」というくらい有名なキャラクターで、碇シンジの保護者兼直属の上司。

また、年齢は29歳と少し高めだが日常生活と仕事をキッチリ分けられる素敵な人でもある。

碇シンジ君は、こんな美しい人と共同生活を送るも一切手を出さないどころか、生活のお世話をするようになるところを見ると、余程魅力に欠けるのか、手を出しづらい人なのかが分からなくなってきてしまう。

しかしながら、その美貌は確かで現に加地さんとお付き合いをしていた経験がある。

だが、実際に僕が付き合うとしたら加地さんと「穴兄弟」になるのは少しキツいので、マイナスポイントとなってしまう可能性が高い。

ちなみに身長163cm、体重47㎏で、スリーサイズは、

B:88、W:59、H:82…となっているので、参考にしてみて下さい!

赤木 リツコ

f:id:dangotan:20161009143915j:plain

こちらも言わずと知れたNERV本部の一員で、年齢は30歳。

また、先ほど登場した伊吹マヤにとても慕われているのが印象的な一面を持つものの、メチャクチャ頭がよくパソコン1つで難題を解決してしまうシーンも。

しかし、男性の趣味があまりよくなく碇シンジの父親「碇ゲンドウ」の愛人になってしまい、最終的にはヒステリーを起こしてゲンドウに復讐しようと試みるが逆に射殺されてしまう。

だが、気になるのはこの場面くらいで、その他は頼りがいのある女性…といったところである。

けれど、仕事が仕事だけに常にNERVに入り浸っているイメージがあるので、せっかく自分が休みの日でもデートを断られそうな気がしなくもない…。

洞木 ヒカリ

f:id:dangotan:20161009144827j:plain

ヒカリはシンジと同じクラスメイトで、特にアスカと仲がいい。

また、学校では学級委員長を務めており、その責任感の強さは目を見張るものがある。

気になる恋愛事情はというと、同じクラスメイトの鈴原トウジに心を奪われており「優しいところが好き」と話している。

それにおいて、トウジが入院した際もお見舞いに行くなど積極性を見せるが、トウジには全く想いが届いておらず少しシュンとする場面も…。

これらのことを考えると、ヒカリを彼女にするには「トウジへの想い」を断ち切らせることから始めなくてはいけないので、正直めんどくさい気もする。

また、実はトウジがヒカリのことを好きで両想いでいたとすると、ヒカリを口説きだした僕がボコられる可能性があるので注意が必要だとも言える。

碇 ユイ

f:id:dangotan:20161009145547j:plain

碇ユイは碇シンジの母親であり、碇ゲンドウの妻。

シンジ君が幼少期のころ、初号機とのシンクロ実験により初号機のコアに吸収され死亡してしまう。

ちなみに、すでに子供を産んでいる1児の母親なので彼女にしたくない…というのが正直なところ。

また、ゲンドウの妻という事実もマイナスポイントでもある。

鈴原 サクラ

f:id:dangotan:20161009150109j:plain

こちらのかわいい子は、あの鈴原トウジの妹さん。

その口から発する口調は、兄譲りなのかバリバリの関西弁だがトウジに似て人がよさそうな場面も見え隠れしている。

しかし、登場人物の妹という設定が邪魔をして、彼女にしていいものかどうか悩んでしまう傾向がある。

だが、関西弁が非常に好みの僕としては心を揺さぶられるキャラクターの1人であることをここに公言しておこうかと思う。 

霧島 マナ

f:id:dangotan:20161009102220p:plain

この霧島マナは、その昔セガサターンのゲームソフトとして発売された「鋼鉄のガールフレンド」に登場する貴重なキャラクター。

ちなみに僕は、当時中学2年生だったのですが夏休み中に鋼鉄のガールフレンドを徹夜でプレイしていた思い出があります。

また、どんな設定のキャラクターかというと戦略自衛隊から送り込まれた「スパイ」

しかしながら、シンジ君との絡みが心臓バクバクもので凄く印象的なキャラクター設定となっており、アニメのヒロインとしてはふさわしい人物とも言える。

その他、容姿性格ともいいし「普通の恋愛」が出来そうなので童貞にはちょうどいいキャラクターなのかもしれない。

綾波 レイ

f:id:dangotan:20161009100735j:plain

アスカに続き、エヴァと言えば「綾波」というくらい人気度が高い。

また、特徴としては無口、無口、無口であるが、ときおり会話がスムーズに運ぶことがあり、少しドキッっとさせてくれたりもする。

その他にも、最初は他人を拒絶しながらも徐々に心を開いてくるところをみると、多分ではあるが「尻軽女」ではないということが分かる。

また、自分の恋愛感情を「ポカポカする」といった表現をしてみたりして可愛らしい一面もあることは確か。

しかし、彼女にして1日中ほぼ無言でそっけない態度をされていると、こちらの気が滅入ってしまいそうではあるが…それもご愛敬だと受け止めれば問題なさそうだ。

だが、1つ欠点がありライバルには「碇ゲンドウ」がいるということ。

せっかく綾波の心を射止めたとしても、綾波はゲンドウの圧力により監禁されおもちゃにされかねないので、付き合うとしたら嫉妬をしない驚異的精神力が必要だと言える。

この12人の中で彼女にするなら?!

さて、ここまで12人の説明をしただけでも4000字近くなってしまったので、早速僕が彼女にしたいと思った子を発表したいと思います。

今まで挙げた、それぞれのキャラクターのメリットデメリットを全て受け入れたうえで彼女にしたいと思ったのは…






 

 

 

 

f:id:dangotan:20161009152344p:plain

鈴原 サクラさんでーーすッ!!

いやー、正直書き始める前までは「綾波レイ」で決まっていたのですが、この記事を書き始めていたら…

「サクラって関西弁でいいなぁ」

「言葉は乱暴だけど優しそうだし可愛いなぁ」

このように思い始めてしまい、結局は鈴原サクラで決めることにしました。

多分、僕が思うに幼少期に入院してツラい思いをしている分、優しい子に育ったと思うんですよね!

また、トウジがいなくなったことにより支えてくれる人がいないのが心配。

 

なので、僕が彼氏になってあげてサクラさんを支えてあげることに決めました!

 

まぁ、自分で書いていて…

「何いってんだオレ…」

このような心境になりましたが、記事を書いていて楽しかったのでよしとします。(汗)

まとめ

僕の彼女にしたいエヴァキャラは「鈴原サクラ」でしたが、みなさんはどのキャラクターなら彼女にしたいですか?

しかしながら、こんなこと考えるのは僕くらいかもしれませんが、エヴァのキャラクターを見直すいい機会となりました。

これで、次回劇場版に備えられそうです!

 

それでは長くなってしまいましたが、これにて終わりとさせていただきます。

是非あなたが推しているエヴァキャラを教えて下さい!

何かの参考にしますので!

 

 

それでは!