読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だんごの噂

だんごの噂は、管理人だんキチが興味があることを書き綴っているメディアブログです。アニメや仕事、おもしろ記事や子育てまで幅広い記事が揃っています。

秋田県能代市エナジアムパークは子供連れで遊べるスポットだった【感想】

スポンサーリンク

今回は、秋田県能代市にある「エナジアムパーク」へ行って子供と遊んできたのでレポートしたいと思います。

能代火力発電所内にあるエナジアムパークは、秋田の「子供連れで遊べるスポット」でもありますので、ゴールデンウィークや連休におすすめ!

 

時期によって、色々なイベントもやってますよ!

能代エナジアムパーク

f:id:dangotan:20170410100411j:plain

発電所敷地内にあるPR館。

エネルギーとの共生をテーマにした学習コーナーや、未利用エネルギーを利用した460種3,300本の植物を育成する熱帯植物園がある。

また、能代ねぶながし館やスポーツ広場などの施設が隣接しており、イベント会場として利用されている。

入場無料。

能代火力発電所 - Wikipedia

秋田県能代市にあるエナジアムパークは、発電所内にある珍しい遊び場スポットになります。

 

自分も今回初めてエナジアムパークへ行ったのですが、本当に発電所内にあってビックリ!

 

f:id:dangotan:20170410100645j:plain

この通り、エナジアムパークのすぐ隣には発電所のプラントがあるんですよ。

なので、なんとも不思議な気持ちになりました。

 

また、入場するのに「お金がかかるのかな~?」なんて思っていたのですが、エナジアムパークは入場無料!

 

これは本当に嬉しい!

エナジアムパーク内

f:id:dangotan:20170410100857j:plain

エナジアムパークの中に入ると、「海の中で生命は誕生した。」と書かれている入り口が。

 

ここがどんな施設かも分からずに来たのでワクワクしましたね。(家族4人できました)

 

f:id:dangotan:20170410101045j:plain

入り口をくぐり抜けると、このように薄暗い室内に。

ここでは、生命の誕生について軽く知ることが出来るのですが、内容を書きすぎるとこれからエナジアムパークへ行く方のワクワクを取ってしまいますので深く書きません!

 

f:id:dangotan:20170410101249j:plain

階段を上げっていくと、このようにデカイ恐竜が!

これを見て2歳の息子は泣き叫んでいましたよ。(苦笑)

 

また、後ろから来た1歳くらいの男の子もギャン泣き!

子供にとっては怖く映る可能性がありますね。

エナジアムパーク 熱帯植物園

f:id:dangotan:20170410101406j:plain

怖い恐竜がいる階段を登り終えると熱帯植物園につながる扉があり、扉を開くとこのような光景が!

 

湿度が物凄く高く、本当に熱帯を体験することが出来ちゃいます!

 

f:id:dangotan:20170410101545j:plain

天井はドーム状になっていて、太陽の光が満遍なく照らされています。

ウチの奥さんは「暑い暑い」と言っていましたが、子供たちは大はしゃぎで施設を駆け回っていましたね。

 

この日は日曜日だったのですが絶えずお客さんがいましたので、ゴールデンウィークやお出かけシーズンになると込み合うと思います。

 

f:id:dangotan:20170410101832j:plain

このように、雰囲気を醸し出してくれる「滝」が流れているので、子供ウケはいいですよね。

 

f:id:dangotan:20170410101916j:plain

また、フィリピンなどに生えている「ヒカゲヘゴ」という植物なんかもありました。

まぁ、自分は植物に興味があまりありませんのでよく分からなかったです。

 

f:id:dangotan:20170410102023j:plain

温度計が気にくくりつけられていたので見てみたら、施設の温度は28℃!

これは奥さんが暑いと感じる訳ですね。

 

自分は全く暑くなかったですが…。(体質の問題?)

 

f:id:dangotan:20170410102243j:plain

こちらの植物は「ハマオモト」という名前なのですが、パッと見た瞬間「ハマオカモト(ダウンタウン浜ちゃんの息子)」に見えたのは内緒。

 

しかしながら、普段生活していたらみられない植物がたくさんあったので楽しかったです。

 

館内には子供が遊べるスペースも!

f:id:dangotan:20170410102523j:plain

エナジアムパークは子供連れの家族が多いみたいなので、このように子供が遊べるコーナーをしっかりと設けています。

ちなみに、このコーナーは「小学生未満」の子たちが遊ぶ場所となっている印象。

 

小学生以上は「外の公園」で思いっきり遊んだ方がいいですね。

エナジアムパーク公園

f:id:dangotan:20170410102728j:plain

エナジアムパークの施設裏には、子供が思いっきり遊べる公園があるんです。

なかなか面白い遊具が揃っていますので、子供連れで来た方はこちらの公園へ立ち寄るのをおすすめします。

 

f:id:dangotan:20170410102856j:plain

このように、砂場に作られた遊具や…

 

f:id:dangotan:20170410102924j:plain

ちょっとした水辺も!

ちなみに、こちらの水辺は夏になると入って遊べるらしいです!

 

夏になると毎日のように子供連れの家族でに賑わうみたいですね。

 

f:id:dangotan:20170410103029j:plain

そして、自分が1番関心を持ったのは公園と火力発電所の融合です。

子供たちは遊具で遊んでいる中、自分はこの異様な雰囲気を楽しんでいました。

 

だって、火力発電所の中にある公園で遊んでいるんですよ?!あり得ない光景に心が動かされてしまいました。

 

f:id:dangotan:20170410103241j:plain

片方では火力発電を行っており、片方では公園で遊ぶ子供が。

なんともノスタルジックな気分を味わうことが出来ますね。(自分だけ?)

 

また、公園内では「竹馬」の無料貸し出しを行っていましたので、久しぶりにやってみたのですが…感覚を忘れていて無理でした。(苦笑)

 

エナジアムパーク内 能代ねぶながし館

f:id:dangotan:20170410103515j:plain

エナジアムパーク内には「能代ねぶながし館」という建物があり、中に入ると臨場感あふれる「能代ねぶりながし」を見ることが出来ます。

 

人形もリアルな作りになっているので、2歳の息子はこれまた泣きじゃくっていましたね。

 

f:id:dangotan:20170410103655j:plain

これ、見たことがない人だと感動すると思いますよ?

物凄い迫力ですので、エナジアムパークに来たら「能代ねぶながし館」もチェックすることをおすすめします。

能代エナジアムパークの場所

f:id:dangotan:20170410103915j:plain

能代エナジアムパークは能代火力発電所へ向かうだけなので、簡単に到着することが出来ます!

念のため地図を載せておきますね!

 

※能代エナジアムパークの場所 

 

近くに行くと、電柱に看板も掲げられていますので看板を見ながらでも行けますよ!

また、エナジアムパークのイベントはこちらのサイトでチェックすることも可能ですので、イベント目当てに行く方は参考にしてみて下さい!

まとめ

f:id:dangotan:20170410104543j:plain

さて、今回は秋田県能代市にあるエナジアムパークへ子供を連れて行ってきましたが、秋田の「子供連れで遊べるスポット」としては高評価でしたね!

 

子供達は思いっきり公園で遊んで、帰りの車では疲れ切って寝てしまっていました。

なので、休日やゴールデンウィーク、大型連休の予定がない方は是非エナジアムパークへ遊びに行ってみて下さい!

 

かなり楽しめますので!

 

それでは!