だんごの噂

だんごの噂は、管理人だんキチが興味があることを書き綴っているメディアブログです。アニメや仕事、おもしろ記事や子育てまで幅広い記事が揃っています。

クラウドソーシングで副業して稼ぐ方法をすべて教えます

スポンサーリンク

f:id:dangotan:20161108155811p:plain

こんにちは。だんキチです。

さて、僕がクラウドソーシングで副業を始めてからあっという間に数ヵ月が経ちましたが、今では毎月副収入を得られるくらいまで成長しました。

思えば、何気なく始めてみたクラウドソーシングでしたが今では副収入のためになくてはならないサービスとなっています。

 

また、僕がクラウドソーシングでどのような副業をしているのかというとライター業!

ライター業って聞くと、なんだか難しく聞こえるかもしれませんが文字を書くだけです。何も難しくありません。

 

なので、副業として本当に誰でも稼げるのですが、クラウドソーシングの存在すら知らない人もたくさんいると思うんです。

 

そこで今回は、「クラウドソーシングを知らない方」や「知っていてもチャレンジしていない方」のために、「クラウドソーシングでの稼ぎ方」を僕の経験をもとに全て書いていくのでネット副業に興味のあるかたは是非参考にして下さい。

 

 

まずはクラウドワークスに登録して下さい

f:id:dangotan:20161108105604j:plain

日本最大級のクラウドソーシング【クラウドワークス】

クラウドソーシングで稼ぐには、まずはサービスを行っているサイトに登録する必要があるのですが、僕がオススメするのは「クラウドワークス」です。

 

何故、僕がクラウドワークスをオススメするのかというと初心者の頃の僕でも、簡単に操作や仕事応募ができたから。

また、クラウドワークスの他にも「ランサーズ」という有名どころがあって僕も実際に使ってみたのですが…ちょっと使いづらかったです。

 

なので、僕はクラウドワークスをオススメするのですが、仕事を依頼する側の人達って大抵クラウドワークスとランサーズの両方に発注をかけているので、仕事量は2つとも同じくらいだと思うので心配はいりません。

 

ですので、クラウドソーシングで副業をして稼ぎたいのであれば、まず先にクラウドワークスに登録しましょう!

 

登録しないと何も始まりませんので。(誰でも無料で登録できます↓)

※こちらから登録可能です。

早速仕事を探してみましょう!

それでは、順を追って操作方法をご説明していきます。

 

f:id:dangotan:20161108112427j:plain

登録してクラウドワークスにログインすると、このようにマイページが開きます。

なので、まず初めに左上の「仕事を探す」をクリックしましょう。

 

f:id:dangotan:20161108112552j:plain

そうすると、このような発注者が依頼してる仕事を見ることが出来ますので、上にあるタブの中の「タスク」を選択します。

 

※タスクという意味に関しては後程詳しくご説明しますね。

 

f:id:dangotan:20161108112758j:plain

そうすると、左のサイドバーで仕事の種類を選ぶことが出来ますので、僕みたくライターで稼ぎたいのであれば「ライティング」を選択して「記事・コンテンツ作成」を選択して下さい。

 

慣れてきたら違う種類も見てみて下さい!

 

f:id:dangotan:20161108112941j:plain

そうすると、このように記事募集案件がズラーっと出てきます。

なので、自分が「書けそうかも」と思ったお仕事をクリックして選択してみましょう!

 

f:id:dangotan:20161108113055j:plain

すると、このような作業の詳細画面へと切り替わりますので、文字数や報酬額をしっかりとチェックするようにしましょう。

 

また、この記事に決めたとしてもすぐに「作業を開始する」のボタンを押さないほうがいいです。

 

f:id:dangotan:20161108113253j:plain

「作業を開始するボタン」を押すと、このような画面に切り替わるのですが入力の「制限時間」がカウントされてしまうため、なかなかいい文章が書けません。

 

なので、僕がやっている方法は詳細のみを先にチェックして「書けそうだな」と思ったらWordを立ち上げてタイピング。

そうして、Wordに書いた記事をコピーしてクラウドワークスの作業項目に貼りつける…といった感じです。

 

しかし、僕のような方法だと作業を行っていることを発注者に知らせることが出来ないので、Wordに書いている間に募集を取り下げられてしまうということも無きにしも非ずです。

 

ですが、僕は今までそんなことなく作業をして報酬を受けとれていますので、今まで通りのやり方でやっていく予定です。

 

タスクと固定報酬制(プロジェクト)の違い

さて、まず初めに「タスク」での仕事探しをご紹介させていただきましたが、初心者の方は「タスクって何?!」って感じですよね?僕も最初はそうでしたから。

 

なので、早いうちに「タスク」「固定報酬(プロジェクト)」の違いについて書かせていただきたいと思います。

タスクとは?

タスクとは、1回きりの仕事のことを意味します。

なので、1記事書いたら次の案件を探して書く、書いたらまた探して…という感じで作業していくことになるのですが、慣れてくると案件を探すのが凄く面倒くさくなるんですよね。

 

しかし、クラウドソーシング初心者の方はタスクで練習してから固定報酬型(プロジェクト)に移行した方がいいかと思います。

それは、タスクで大体の仕事進行がつかめるからです。

 

ですので、この記事でも先にタスクでの仕事探しをご説明させていただきました。

 

【チェックポイント】

・発注者と連絡を取ることがないので気軽に作業できる

・自分の好きな時に仕事が可能

・仕事が終わる度に次を探さなければならない

 

固定報酬制(プロジェクト)とは?

f:id:dangotan:20161108115239j:plain

クラウドワークスの場合「プロ向け」というカテゴリーがあるのですが、ここに掲載されている案件を「固定報酬制(プロジェクト)」といいます。

 

そうして、クリックしてみると…

f:id:dangotan:20161108115414j:plain

このように、固定報酬制とタグがつく案件がずらっと並ぶ訳なのですが、金額が高いことにお気づきでしょうか?

 

固定報酬制とは、「10記事まとめて依頼していくら」というプロジェクト方式で進めていく作業になります。

なので、掲載料金が凄く高いんですね。

 

しかし、固定報酬制は誰でも仕事が出来るというのではなく、一旦応募してテスト記事を書いて採用されなくてはいけません。

やっぱり、発注者側だって書いてもらう人の文章力をみたいじゃないですか?

ですので、応募するとともにテスト記事を書くのですが、テスト記事分の報酬もしっかりと払われますのでバンバン応募しましょう!

 

また、固定報酬制では「1ヵ月3記事からでもOK」などというのもザラにありますので、1度採用されると長期的な仕事が見込めます。

しかし、タスク方式と違って1回きりで終わりの仕事ではありませんので、当然担当者さんと連絡を取り合いながらの作業となり、必要であればスカイプで打ち合わせするケースも。

 

ですので、タスク方式と違って「仕事意識」が強くなければいけないかもしれません。

 

ですが、発注者の方は融通の利く人が多く「この日は連絡取れない」「この日は作業できない」と事前に言ってもらえれば何も問題ありません!…とほとんどの案件詳細に記載していますね。

 

なので、長期的に副業として続けたいのであればタスク形式で慣れたらすぐに固定報酬制に切り替えた方がいいかと思います。

そうすると、仕事を探す手間が省けるし記事の単価も上げてもらいやすいですから。

 

【チェックポイント】

 ・1度採用されると長期的に稼げる

・タスク形式のような案件を探す手間が省ける

・固定報酬制だとクラウドワークス側に手数料が取られる

・テスト記事を書いて採用されなくてはいけない

 

結局稼げるのはどっち?!

稼げるのは断然に固定報酬制です。

 

しかしながら、先ほどもお話しした通りテスト記事で通過しないことには仕事はもらえませんので、テスト記事だけは120%の力で書いて下さい。

そうして、うまく採用されることになり長期的にお付き合いをしていくと1記事あたりの報酬をアップしてくれるクライアントさんがいるんです。

 

なので、稼げるのはタスク形式よりも絶対に固定報酬制になりますね。

ですが、自身がないうちはタスク形式でコツコツ稼いでいくのも全然ありですよ!

 

稼ぐためにはプロフィールを充実させよう!

f:id:dangotan:20161108143058j:plain

このように、クラウドワークス上では自分のプロフィールが表示されます。

また、このプロフィールは何に使われるのかというと固定報酬制に応募した際などに、応募先のクライアントさんが見ることになります。

 

なので、このプロフィールはバッチリと仕上げておくことに越したことはありません。(僕は80%しか仕上がってませんが…苦笑)

ですので、次の項目は完成させるように心がけましょう!

・メールアドレス確認

・基本情報

・メンバー情報

・スキル

・経歴・実績

・本人確認書類提出

最低でも、これらの項目はクリアしておくと安心です。

ちなみに、僕もここに挙げた項目は全てクリアして80%になっており、今までの実績は承認100%です。

 

副業として継続的に稼ぐには

まず、始めに僕の収入から書かせていただきます。

僕は今現在クラウドワークスのみで毎月5万円は稼いでいますが、毎日作業するわけではありません。

 

少し細かく書くとこのようになります…

【作業内容】

・1記事/900円

・文字数/1000文字程度

・作業記事数/50記事程度

・その他暇なときにタスク形式

 

このような内容で毎月作業を行っているのですが「暇な時間」「就寝前の時間」を利用して作業しています。

なので、「1日何時間作業しています~」と明確にお話しできないのですが、書くジャンルが自分の得意分野のため1記事15~20分くらいで書けちゃうんですよね。

ですので、調子がいい時なんか2時間ぶっ通しで7~8記事とか書いてしまう日だってあるんです。

 

さて、この僕の例を参考にしてみるとよく分かるかと思いますが、クラウドソーシングを副業として継続的に稼ぐのであれば「自分の得意なジャンルを見つける」ということ!

 

僕の場合は、「体の悩み系」のまとめ記事を作るのが自分に合っていると思ったので、そんなライターを募集しているところに応募しました。

そうして、採用されてからずっと同じクライアントさんの下で仕事をしています。

 

やっぱり、自分の不得意なことって書けないんですよね…。

 

また、1度「金融系」などにチャレンジしてみましたが、自分の知識が乏しすぎたので何回か書いて辞退しました。

 

ですので、クラウドワークスを利用して稼ぎ続けるとしたら「自分の好きなジャンル」のみ作業するようにしましょう。

そうすると、自ずと文章を書くのも好きになり「仕事」だと思わなくなりますので。

注目:こんな日もありました。(涙)

固定報酬制では単価をアップさせる努力をする

固定報酬制といっても最初は単価がかなり安く、相場は1記事1200文字/500~600円くらいでしょうか。

なので、採用時や採用されてからの「単価アップ交渉」が必須となってきます。

逆に、単価交渉がうまくできない方はずっと低報酬のまま仕事をしてないといけなくなるわけですが…そんなの嫌ですよね?

 

そこで、単価アップ交渉をグイグイ行っていかなければいけないのですが、交渉を行うにはテスト記事でクライアントを圧倒させてやるか、採用されてから頑張りを見せなくてはなりません。

 

だって、頑張っていない人から単価交渉されても誰だって嫌じゃないですか?

 

なので、こちらは単価交渉を行えるくらいの記事をクライアントにぶつけてやるのです!

そうすると、相手側から単価交渉を行ってきてくれる場合があるのですが…ここで引き気味になったら駄目ですよ?

「えッ?…提示して頂いた金額で大丈夫です」

こんなこと言ってしまうのは実に勿体ない!

僕なら…

「ではこの金額でいかがでしょうか?」

このように、自分が思っている理想の金額を提示します。

 

今現在、僕が900円で行っている仕事も最初は1記事600円だったのを交渉してアップしてもらいましたし、もう終了してしまいましたが1記事1200文字/1200円で書いていた案件もありました。

 

なので、自分の120%をクライアントさんにぶつけて報酬の話になった時は「報酬アップはあるのか?」「どのくらいの幅でアップしていくのか?」くらいは必ず聞くようにしましょう。

報酬アップが見込めないクライアントさんの記事を書くのはバカバカしいので、見切りをつけて良心的なクライアントさんを探すようにしましょうね!

 

出来ればツイッターやブログをやろう!

もし、あなたがクラウドソーシング以外でも副収入を得たいと思っているのであれば、絶対にツイッターやブログはやったほうがいいです。

それは何故かというと、クラウドソーシングで仕事をしていることを自分で発信することにより直に仕事の依頼が来ることがあるから。

 

僕自身も、このブログにクラウドソーシングのことを色々と書いているのですが、その記事を見つけた方から直に仕事依頼を受けたことが何回もあります。(ツイッター経由で)

また、直に受けた仕事はクラウドワークス側に「手数料」をとられませんので、こちらとしては嬉しいですよね!

 

なので、副業として本気で収入アップを目指したいのであればブログやツイッターでどんどん自分をアピールしていきましょう。

クラウドソーシングで月に20~30万稼いでいる人は、必ずみんなブログやツイッターから仕事を受注していますので。

クラウドソーシングは「稼げない」という声が多いですが…

ネットで検索すると…

「クラウドソーシングでは稼げない」

このような言葉をよく見かけますが、それは負け犬の遠吠えにしかすぎません。

 

結局、そのような人は軽い気持ちで初めて何も作業しないうちに辞めてしまっている人達なのです。

なので稼げないと思うのは当たり前。

実際に僕だって月に5万ですがしっかりと稼いでいます。

また、僕の知り合いは月に30万円稼いでいますよ!(30万は毎日フル稼働)

 

ですので、副業したいと思うのであれば1度本気でやってみましょうよ?

毎月のお小遣いがドバっと増えますので!(ニヤリ)

最後に

今回の記事は「ライター」目線で書かせていただきましたが、クラウドワークスには「webデザイン」「DTPデザイン」「ネーミング」「翻訳」…など、数えきれないだけの職種がありますので、自分にマッチしたものを選ぶとよいでしょう!

 

また、口をすっぱく言いますがクラウドソーシングでも継続していれば確実に稼げますので途中であきらめないで3ヵ月はやってみて下さい。

僕も、正直最初は心が折れそうになりましたが、続けていたことにより良心的なクライアントさんに出会うことも出来き、今では立派な収入源になりました!

 

なので、これから副業を始めようと悩んでいる方は是非クラウドワークスに登録して「タスク形式」からチャレンジしてみて下さい。

きっと、あたなの生活を豊かにしてくれるハズですので!

 

それではッ!

※クラウドワークスは誰でも無料で登録できますので、絶対にやってみたほうがいいですよ!(文章慣れしていなくても全く問題はありません)

※こちらから登録出来ます。