だんごの噂

だんごの噂は、管理人だんキチが興味があることを書き綴っているメディアブログです。アニメや仕事、おもしろ記事や子育てまで幅広い記事が揃っています。

本屋に行くと「うんこ」したくなる現象を徹底的に調べてみた!

スポンサーリンク

f:id:dangotan:20160824140045p:plain

こんにちは。だんキチです。

みなさんは「本」を買いに「本屋」へ足を運ぶことはございますでしょうか?

僕は、とりあえず立ち読みをして見定めてから購入するタイプですので「本」だけはネットで買いません。

従って、本屋さんへ足を運ぶ機会が多くあるのですがしたくなるのです…うんこ。

それに伴い、本の選定を始めた5分後くらいに必ずと言っていいほどトイレに駆け込んで「うんこ」をするのですが…そのタイムロスが非常にもったいない!

なので、スムーズに本屋で「本」を購入出来るようになるべく、何が原因でそのような症状が引き起こされるのかを「徹底的」に調べてみましたので皆さんも参考にしてみて下さい!

本屋でうんこがしたくなることを「青木まりこ現象」という

「本屋でうんこがしたくなる」と調べ始めていたら、まず始めに飛び込んできたのはこの情報でした。

なんでも、本屋でうんこがしたくなることを「青木まりこ現象」というらしいのですが、意味が全く分からなかったのでウィキペディアで調べてみるとこんな1文が…

「青木まりこ現象」という呼称は、日本の雑誌『本の雑誌』(本の雑誌社)の読者欄にて1985年に投稿された体験談を発端とする。

同誌40号(1985年2月)に掲載された、「理由は不明だが、2、3年前から書店に行くたびに便意を催すようになった」という趣旨の当時29歳の東京都杉並区在住の女性による投書である。

青木まりこ現象 - Wikipedia

この内容を読んでみて、とりあえず僕が思ったのは「うらやましい」ということ。

この「青木まりこさん」よりも早く僕が投稿していれば、本屋でうんこをしたくなる現象として「僕の名前」がついていたのに…と激しく妬んだのは言うまでもありません。

しかし、この人はただ「本屋に行くとうんこがしたくなる」と投稿しただけで、その原因を一切語っていませんでしたので何の参考にもなりませんでした。

 

ですが、SNSなどがない当時でもすごい反響を呼び「特集記事」が組まれる事態に!

その反響の大きさから、次41号(1985年4月)には「いま書店界を震撼させる現象」とセンセーショナルな表題で特集記事が組まれ、この問題に対して様々な視点から議論がなされた。

この特集は14ページにおよぶ長大な記事となったが、結局明確な真相は得られなかった。

青木まりこ現象 - Wikipedia

 

センセーショナルな表題で特集記事が組まれただと?!

しかも、うんこネタだけで14ページも組んでしまうとは凄い時代だ!!

 

また、何故この「うんこネタ」が大反響したかというと次のことが挙げられている…

自らの便意というデリケートな悩みを曝露したのが一般の若い女性であったことも、反響が大きかったことの一因となったのだ、としている。

青木まりこ現象 - Wikipedia

あ~。これは凄くわかります。

「可愛い女の子がうんこしている」

そう考えただけでも「興奮」してしまいますからね。世の男性は。

 

また、これらの「青木まりこ現象」を読んでみて感じたのは、当時僕がメディアを発信できる立場にいたら日本中が「うんこネタ」で一色になっていたんだろうな…ということ。

ですが、肝心の「原因」は明らかにされないまま収束に向かってしまったというのだから非常に残念でなりません。

しかし、ただ1つ言えることは「青木まりこさん」は売名行為に大成功したということです。なんのメリットもありませんが…。(かなC)

本屋に行くと「うんこ」がしたくなる原因

僕は正直焦りました。

「このままだと青木まりこさんの名前を覚えただけになってしまう…」

それだけは回避したいと思いましたので、必死に「本屋 うんこ」というキーワードで探っていたらこのような「考えられる原因」を発見しましたので書かせていただきます。

①:紙とインクの臭いが便意を促す

何を言っているのかさっぱり分かりませんが、「雑誌等」の臭いが便意を誘っているという説です。

②:リラックスすることにより便意を促す

「よっしゃ!本買える!やっと本買える!」

このような「安心感」から体がリラックスして、副交感神経が働くようになり「うんこがしたくなる」という説。

③:プレッシャーに耐え切れなくて速攻ゲリになる

プレッシャーに弱い人は、何万冊もある本屋に入ってしまうと…

「ヤバいッ!どの本を選んだらいいのか分からない!どうしたらいいんだぁぁぁーー!!!」

…と、頭を抱えてしまい「極度の緊張」から腹痛に襲われて「ゲリ」を漏らしてしまうという説

 

①以外は、すべて精神的要素が引き金で起こるということになりますね。

しかしながら、リラックスしてもダメだし、緊張しすぎてもダメとは本屋にはただならぬ「恐怖感」を感じてしまいます。怖いです…本屋。

ですが、これらも「憶測」に過ぎませんので参考にはしないで下さい。

自信満々に話した日にはバカにされる可能性がありますので…。

しかしBOOK OFF(ブックオフ)やゲオは大丈夫?

不思議なことに、僕の場合は本を扱っている「ブックオフ」「ゲオ」の場合は全くうんこをしたくなりません。

しかし、これは僕だけかもしれないと思ったので念の為調べてみました!

f:id:dangotan:20160824132510p:plain

まず、検索バーに「ブックオフ うんこしたくなる」と入力。

そして、Enterキーが壊れてしまうほどの勢いでパチィーーンッ!!

 

f:id:dangotan:20160824132644p:plain

 

いッ…いたぁぁぁーーーー!!(驚き)

ブックオフでもウンコしたくなる人いたぁぁぁーー!!

 

しかし、ゲオだとさすがにいないだろうと思い…

f:id:dangotan:20160824132943p:plain

「ゲオ うんこしたくなる」

このキーワードで検索かけてみた結果…

 

 

f:id:dangotan:20160824133025p:plain

 

いるのかよぉぉぉーーー!(目ん玉ボーン)

検索トップに君臨してるしぃぃぃーー!!

 

しかも、「レンタルショップ」というキーワードが増えてる…。

やっぱりいたんですね…ブックオフやゲオでもうんこしたくなる人が。

青木まりこ現象:調査結果

結果を簡単にお話しすると、本屋でうんこがしたくなる「原因」は何一つ分かりませんでした。ごめんなさい。

しかし、今回徹底的に調べたことにより初めて分かったこともありましたので挙げさせていただきます。

 

①:本屋でうんこがしたくなる現象のことを「青木まりこ現象」という。

②:本屋以外でもレンタルショップでうんこがしたくなる人もいる。

③:調べても時間の無駄になる

 

この③つのことが分かりましたので、僕の中では大満足です。

ですが、原因が相当気になることは事実ですので、もし専門家さんがこの記事を読んでくれていらっしゃいましたら是非「本屋でうんこをしたくなる原因」を教えて頂けますと幸いです。

 

あ~神様。

僕が本屋でうんこをしない日は訪れるのでしょうか?

本屋でうんこをしたくなる「原因」をいち早く解明されることを願っています。

 

ペンネーム 明日のおかずはサバの味噌煮 より

 

 

おしまい